小紅色

読書とピアノと息子が癒し

「パチプロ・コード」伽古屋圭市著 読んでみた

パチンコ要素ばかりというわけでなく、パチンコ未経験でも楽しめる本でした。でも知っていればもっと楽しめたのかな。実際にパチプロで生活できるのかなとか興味は湧きますね。

パチプロでなんとなく生活していた主人公がある日パチンコ屋でシエナという女性に出会い、事件に巻き込まれて謎を解いていくお話です。

可愛くてちょっと強引な女に振り回されるってよくある話。この主人公とシエナとやり取りが軽快で読んでいて心地よい。会話のテンポはいいし、会話の最後に敬語で主人公の心のツッコミが書かれているところが個人的には好きです。

攻略法詐欺について書かれていて、なるほどと思いました。勉強になりましたね。世の中から詐欺や不正がなくならないのも納得です。法的には罪に問われないという社会的問題も書かれていて興味深かったです。

色んな要素があって面白いと思えるか、ちょっとごちゃついた感があるかは意見は分かれるようです。パチンコ知らないんだよな〜と少し不安を持ちながら読み始めたけれど、コミカルな部分もあり全体的に読みやすかったと思います。

主人公は運がないという設定通りの終わり方と言っていいのかな。読み手に委ねられた感じです。主人公とシエナのキャラが魅力的なのでぜひこのコンビの続編が読みたいと思いました。

 

今回読んだ本 パチプロ・コード/伽古屋圭市

 

 最後まで読んでいただきありがとうございました。