小紅色

読書とピアノと息子が癒し

農業園芸センターのジェラートとミニトマト

せんだい農業園芸センターに行ってきました。

お目当てはサンドウィッチマンがおいしいと言っていたジェラートです。トマト嫌いでも食べれると言ってたトマトのジェラートがどんな味するか楽しみです。

 

まずは園内を散策

農業園芸センターまでは車で行きました。障害者用駐車場に車を停め、さっそく園内をお散歩。この日はどこかのテレビ局の撮影も来てたようでした。

園内は写真のような沈床花壇、季節ではなかったですがバラ園や梅園、トマト狩りが出来るハウスや果樹園もありました。

沈床花壇は花壇の位置を地面より60~80㎝低い位置にもうけ、周囲から見下ろすように作られています。この花壇の周りや園内を車椅子でも周ることが出来ます

f:id:kobenitan:20210621145118j:plain

 

ジェラート屋さんへ

園内を散策して疲れたのでお目当てのジェラート屋さんへ。

入り口にスロープがあるので車椅子でも入れます。

どの味もおいしそうで悩んでしまいます。ジェラートは11種類の味がありました。他にソフトクリームやドリンク類も売ってます。種類多く食べたいのと、シングルよりダブルのほうがお得感ある感じなのでダブルを2つ注文することにしました。券売機で食券を買い、スタッフさんに渡してつくってもらいます。

 

f:id:kobenitan:20210621150104j:plain

 

ジェラート4種類

アップル&トマト、いちじく&マスカットの4種類の味にしてみました。ちなみにアップルは新商品と書いてました。

ではでは、さっそくトマト味いってみましょうか。ジェラートになるとトマトがどんな味になるかわくわく!食べた感想は…

f:id:kobenitan:20210506152541j:plain

「う~~ん、トマト!」でした。

だってほんとにトマトの味なんですもの。それ以上でもそれ以下でもない、正真正銘トマトです。なので終始トマトだねぇと言いつつ、それ以外の感想は出ませんでした。おいしいトマト味のジェラートでした。

 

ジェラートはいちじくがおすすめ

ジェラートはどれもなめらかでおいしかったです。特にいちじくがおすすめ。ちょっと小豆ミルクっぽい感じの濃厚さがあってとてもおいしいです。アップルはシナモンが入っていてアップルパイのようなおいしさでした。マスカットもジューシーでおいしかったです。次に行ったときは他の味も食べてみたいです。

 

お土産にミニトマト

ジェラート屋さんのところでミニトマトを買うこともできます。

一番食べてみたかったプチぽよは売り切れてて、色々悩んだ末に2種類買ってきました。リコピンが大玉トマトの3~4倍含まれて糖度も高い千果と、形がハート型でかわいいトマトベリー。どちらも1袋200円でした。

商品が置いてあるワゴンにそれぞれの品種の特徴を説明した紙が貼ってあるので、選ぶ時に参考に出来ます。でもどれもおいしそうな説明なので結局悩んでしまいます。

f:id:kobenitan:20210506145146j:plain

 

食べ比べ!

どちらも甘くておいしかったけれど、トマトベリーのほうが肉厚で食べ応えあって好みの食感と味でした。見た目のかわいさもいいですよね。トマト狩りも出来るので次回はトマト狩りしたいな。

f:id:kobenitan:20210506145740j:plain

 

 

 果樹園エリアもおすすめ!

果樹園エリアも興味深く面白かったです。隣同士の樹を接ぎ木する「ジョイント仕立て」というのがすごい技術だと思いました。ジョイント仕立てにすることにより、樹を植えてから収穫までの期間が早まり、収穫や管理がしやすいそうです。みつばちによる受粉のためにネットが張ってあって見づらいですが、隣同士つながってる樹を見るのは圧巻でした。これ考えた人すごいねー!とけっこう果樹園エリアに長居して見てしまいました。

f:id:kobenitan:20210621155335j:plain

f:id:kobenitan:20210621154304j:plain

 ずっと奥までジョイント仕立てでつながってます。

 

仙台市農業園芸センター

営業時間9:00~17:00(3月~10月) 休園日:毎週月曜

入場無料 梅園、バラ園、沈床花壇など四季を折々の憩いと楽しみの場を提供しています。

 

まとめ

入場無料で季節の花を楽しむことが出来ます。車椅子で園内の散策が出来、お散歩するにはとてもいいところです。果樹園の面白さも発見し、おいしいジェラートも食べれて、楽しむことが出来ました。今度はまた違う季節に訪問したいです。