小紅色

読書とピアノと息子が癒し

【松島銘菓】松島こうれん 「一子相伝、七百年の技」のお菓子食べてみた

夫がめずらしいお菓子を頂いて帰ってきました。

「松島こうれん」

なんか聞いたことあるような、ないような。老舗お菓子屋さんということだけはなんとなく分かります。

よく見たら「創業 嘉暦二年」と書いてあります。

嘉暦って一体いつでしょう?初めて聞く年号です。

調べてみたら嘉暦(かりゃく)とは1326年から1329年までの期間だそうです。

この時代の天皇後醍醐天皇っていうからかなり昔ですね!

さっそく箱を開けてみます。

見た目から想像すると、赤ちゃんせんべいのような感じなんでしょうか。

一袋に二枚ずつ、5種類入ってました。

箱にその五種類の味が書いてあります。

さてどれから食べましょう。

一番オーソドックスなのが上白糖っぽいですね。

上白糖からいただきます!

けっこう一枚が大きいです。見た目、白くて品のあるお菓子ですね。

薄くて食感も期待できそうです!

それでは食べてみます!

軽い食感ですごくサクサクです。
上品な甘さが口に広がってすごくおいしいです。

  ☆   ☆   ☆   ☆   ☆     

私が食べる様子を見ていた夫。なぜなら初めて食べるものにはすごく警戒するんです。

そんな夫に「どんな味?」と聞かれてとっさに出たのが「白い風船の外側の部分」と答えてしまいました。

夫が好きなお菓子で近いものを例にあげたおかげか、警戒心を解いて食べてくれました。

そしてよせばいいのに、アレンジ心を止められず

チョコソースかけて白い風船に近づけて食べてしまいました。

なんだか申し訳ないような気持ち。

本当は上質で上品な、繊細な味を楽しむお菓子だと思います。

ササニシキを原料として、一枚一枚手焼きにて焼き上げた無添加製品で、安心して食べることが出来るお菓子です。アレルギーがある方も安心ですね。

サクサク食感もクセになります。

しかも一枚当たりのカロリーが上白糖が10kcal、その他も9〜11 kcal と低カロリーなのも嬉しい!

一枚がけっこう大きいので食べた気になるような、サクサク口溶けよくて食べやすいのでもっと食べたくなるような、そんなお菓子です。

「松島こうれん」は伝統あるお菓子です。上品で小さいお子様から食べれるので贈り物に喜ばれそうですね。原料がお米で無添加なので、アレルギーある方へも安心して贈れそうです。

 

 最後まで読んでいただきありがとうございました。