小紅色

読書とピアノと息子が癒し

実家に持っていって喜ばれたもの

今回の帰省の際、実家に写真をプレゼントしたらすごく喜んでもらえました。

えっ?写真と思われるかもしれませんが、この時代あまりプリントアウトしないことが多いので、かえって喜んでもらえたようです。

 

大きめのフォトフレームにまとめて

IKEAで50×70のフォトフレームを購入し、それにプリントアウトした写真を貼りました。写真だけでは寂しい感じだったので、セリアで買ったお花シールを隙間に貼って華やかに仕上げました。

 

思い出と成長が一度に見れる

全部で21枚の写真を貼ることが出来ました。その21枚を選んだ基準としては、まずは亡くなった祖母の写真、帰省した時にお出掛けしたときに撮った家族の集合写真、帰省先で過ごす息子・甥っ子たちの写真などです。

祖母との思い出、お出掛けした時の思い出、そして子どもたちの成長を一つのフォトフレームで見ることが出来るのですごく見やすいです。そして家族全員がどれかの写真には写っているので、両親も私の家族も兄の家族も誰が見ても楽しめるようになっています。

 

決め手は夫の言葉

実は夫の祖父の家に行くたびに見ていた写真がこのタイプでした。夫がまだ小学生の頃の祖父母、両親の写真など12枚くらいがひとつのフォトフレームにまとめられています。もちろん小学生の夫も写っています。夫が変わっていないのがウケる!

祖父の家に行くたびに見ては「これいいよね」といつも夫が言っていたので、真似をして私の実家にも贈ることに。夫に相談したら「フォトフレームは大きめがいいよ。おばあちゃんの写真と、子どもたちの成長が分かるのがいい」と。

夫のありがたいアドバイスのおかげで納得いくものが出来上がり、両親も兄家族も喜んでくれました。

 

プリントアウトしてみんなで楽しもう!

スマホに大量に入っている写真のなかに生前の祖母の写真を見つけて、印刷して仏壇にでも飾ろうかなと思ったのが最初のきっかけでした。どういう形で仏壇に飾ればいいのか考えていた時に、夫の祖父の家で見た写真が参考になりました。

プリントアウトしたおかげでみんなで見ることが出来、そして思い出を語ることに。この頃若かったね~、いい顔してるよね~、これどこだっけ?写真を見ながら盛り上がりること間違いなし!

ちなみに写真は仏壇ではなく、リビングの壁に飾られました。

 

 最後まで読んでいただきありがとうございました。