小紅色

読書とピアノと息子が癒し

風通しのよい涼しいところってどこ? 保存の悩み

福島産のおいしい桃をいただきました。イエ〜イ!

果物大好きなのですごく嬉しい!

息子と二人余裕で食べ切れる量ですが、週末帰ってくる夫にも少し残しておいてあげきゃ。

果物をいただいたときに保存方法を検索すると常温保存がおすすめと書かれている場合が多いですね。

そして「風通しのよい涼しいところで保管」と。

風通しのよい涼しいところ?えーと、それって具体的にどこ?

うちにそんなとこある?

風通しのよいところとは密閉されていない空間のことで、例えば廊下とか部屋とか。

逆に風通しの悪いところとは戸棚や押入れの中など。

実際に風が通っているかは別みたいです。

涼しいところとは直射日光が当たらず、温度変化が少ないところ。

ようは「高温多湿」「直射日光」を避けて保存ということなんですね。

今の時期、日中はエアコンをつけているので部屋の中は涼しいですが、夜はエアコン消して寝るので常温保存は絶対無理と判断。

味は落ちると思いますが、いただいた桃は乾燥を防ぐために保存袋に入れて、野菜室保存することにしました。

2個くらいは冷凍して桃シャーベットととして楽しむ予定。

一昔前なら大丈夫だったと思いますが、気温30度越えが当たり前の現代の夏に、野菜や果物を常温保存するなんて厳しいですね。

おいしいうちに食べてしまうのがやっぱり一番!

 

 最後まで読んでいただきありがとうございました。