小紅色

食と趣味と息子の話

車椅子の息子と 〜 コイにわさび 〜

先日息子とニュースを見ていたら

「コイって魚の鯉?コイって魚だよね?」

と聞いてきたので「んん?」となっている私に

「だってコイにわさびって言ってたよ」

あ〜それね。

脳性麻痺の息子は知的にも障害があるので、あまりお勉強はしてきませんでした。

でもえらいことにニュースなどで分からない単語が出てきたら、分からないままで終わらせずにちゃんと確認してきます。

「コイって魚の鯉じゃないよ。そもそも回転寿司で鯉なんてネタ見たことないでしょ。」

鯉のあらいの説明までするのは面倒なので口には出さず心の中でつぶやきましたが、鯉のあらいならわさびじゃなくて酢味噌でしょうよ。

スマホで「故意」を調べて、まずは漢字でどう書くか見せてから意味を教えます。

「故意にわさびをのせたってことは、わざとわさびをのせたということだよ」

「そっか、魚の鯉じゃなかったんだね」

回転寿司での事件だったので思わず魚を連想してしまったんですね。

コイにわさびは「鯉にわさび」じゃなくて「故意にわさび」。

息子よ、この機会にしっかり覚えてね。

 

 最後まで読んでいただきありがとうございました。