小紅色

読書とピアノと息子が癒し

トラックパッドが使えない!手汗対策

息子が念願のマックブックエアーを買いました。

脳性麻痺の障害があり手も上手く使えない息子ですが、学校で触らせてもらったマックブックエアーを気に入り自分のパソコンが欲しくなり、2年間お年玉などを貯めてようやく手に入れたんですがまさかの展開。

脳性麻痺に加え左利きということもあり、家のパソコンのマウスは全く使えませんでした。それで学校で触らせてもらったトラックパッドなら使えると息子が言うので買ったんですが、うーんやっぱりそう簡単にはいかず。

トラックパッドの上を指で滑らせるだけでカーソルを動かせるんですが、何度やっても押しながら動かしてしまう。私が「力入れないでね、滑らせるだけだよ」と言えば言うほど筋肉が緊張してしまうようで押しながら動かしてしまう。

使い初めで慣れないから緊張して変に力入っちゃうのかな、もう少し慣れて感覚つかめば出来るようになるかな、と思っていたんですが。障害のせいで難しいのかと思っていたら、原因はなんと手汗💦手も指も汗びっしょりのせいでした。

手汗があると滑らないのは当然ですね。タオルで手を拭いても拭いても手汗が出てくる。そこで布の手袋出してきたんですがそれだとトラックパッドが反応しない。それで調べてみたらポリ手袋が使えるというので使ってみたらこれがいい!ようやくスタートに立てた感じです。

息子はもともと緊張すると手汗が出るタイプなんですが、パソコン使うのになんで緊張するの?って思っちゃいますよね。歯科の前に手汗止まらなくなるのはまだ理解出来るんですが。それほど脳性麻痺の息子にとっては指の力加減の調整って難しいことのようです。

意識すると筋肉が緊張してしまう➡緊張すると手汗が出る➡手汗が出て上手くいかず余計焦って緊張する➡手汗が止まらなくなる

こんな感じで悪循環に陥ったら手汗が止まらなくなるわけです。いずれは手汗をかかずにパソコンの操作が出来るようになるといいんですが。

 

ポリ手袋の使い方

使い捨てのポリ手袋の指の部分を切り取り、切りとったポリ手袋を指サックのように使用する指にはめる。取れないようにサージカルテープや絆創膏などで根元をとめる。

今回はカーソルを動かす練習が主だったので人さし指にだけポリ手袋はめました。汗でポリ手袋の中が蒸れてしまうので使用時間は短めにしました。

 

 最後まで読んでいただきありがとうございました。